三麺記事│愛商連国際事業部が発信する、ベトナム人・中国人実習生と受け入れ企業をつなぐ最新情報コンテンツ

三麺記事 ASIAN NOODLE TIMES

国は違えど、箸を使って麺を食す文化は同じ。そんな3つの国の架け橋となる情報を発信するコンテンツです。

  • 国際事業部の活動 > テーマ:統計
2013年8月26日(月)

技能実習生・研修生統計(JITCO業務統計) 2013年6月末分

久しぶりにJITCOからの業務統計を掲載します。

2013年上半期の新規入国者数は、対前年比では15.3%の減少となっています(※JITCOへ取次申請をした研修生・実習生の数のみ)。しかしながら、その中でもベトナムとタイは、それぞれ26.7%増、14.5%増と昨年を大きく上回る入国数となっており、全体とは反対の動きを見せています。下半期も同様の動きが続くのかどうか、注目していきたいと思います。

※ちなみに、2011年度のJITCO統計で都道府県別の実習生滞在数を見ると、技能実習1号では、1位:愛知県(4,283名)、2位:茨城県(3,244名)、3位:岐阜県(2,931名)であり、技能実習2号では、1位:愛知県(5,777名)、2位:岐阜県(3,448名)、3位:茨城県(3,406名)となっています。

>>>>>>
以下、JITCOホームページからの引用です。
詳細な数値等については、文末のPDFファイル又はJITCOホームページをご確認下さい。

【JITCO 入国支援技能実習生(1 号)・研修生(総数・性別・国籍別)】→表1、図1
・ JITCO の国籍別入国支援状況については、対前年同期比でベトナムの人数(3,024 人)が26.7%増、タイの人数(459 人)が14.5%増で、それぞれ昨年を上回っている。
・ 中国の2013 年1~6 月のJITCO 入国支援状況は、全月で対前年同月比減となっている。

【JITCO 支援技能実習生(1 号)・研修生(受入れ形態別・点検実施状況別)】→表2
・ 2013 年6 月の受入れ形態別JITCO 入国支援数は、団体監理型3,390 人(全体の91.9%)、企業単独型297人(全体の8.1%)。2013 年1~6 月の合計は団体監理型19,255 人(全体の92.8%)、企業単独型1,496 人(全体の7.2%)であった。
・ JITCO の点検実施状況については、対前年同期比で「技能実習1 号等の期間更新」の人数(3,593 人)が70.9%増、「技能実習2 号等の期間更新」の人数(21,653 人)が13.7%増でそれぞれ昨年を上回っている。

【技能実習2号移行申請者(総数・性別・国籍別)】→表3、図1・2
・ 2013 年6 月の性別技能実習2 号移行申請者数は、男性1,604 人(全体の50.7%)、女性1,560 人(全体の49.3%)。2013 年4~6 月の合計は男性6,289 人(全体の47.3%)、女性7,003 人(全体の52.7%)であった。
・ 国籍別の技能実習2 号移行申請者については、対前年度同期比でインドネシア及びタイが増加

【技能実習2号移行申請者(職種別)】→表4、図3
・ 職種別の技能実習2 号移行申請者については、対前年度同期比で建設関係の人数(1,298 人)が23.9%増、食料品製造関係(1,920 人)が13.5%増、農業関係(1,849 人)が11.7%増

技能実習生・研修生統計 2013年6月末分 (PDFファイル)

表1・表2 JITCO支援技能実習生・研修生(性別・国籍別・受入れ形態別) (PDFファイル)

表3・表4 技能実習2号移行申請者(性別・国籍別・職種別) (PDFファイル)